シェアハウス、ゲストハウスで国際交流、お部屋を探すなら外国人利用率No.1の東京ルームファインダーで!

Find a Room, Guest House, Apartment or Shared Apartment in Tokyo, Japan
Twitter Facebook Blog

Tokyo Room Finder 内での"ハウスタイプ"について


ゲストハウス

TRF内でゲストハウスにカテゴライズしているのは、個室、またはドミトリータイプのお部屋であること、共有部分の清掃がハウス運営者側による責任であること、ユーティリティ費用の一部または全部の費用が月額定額であることなどを目安にしております。部屋数は5部屋程度の小さい規模から100単位となる大きなところまであります。部屋数が多い分様々な人が入ってくるので、本人の気合次第で色々な国の人や、普通に生きているだけでは、知りえなかった人達と知り合う機会を多くもてます。また、部屋数が多ければその分家賃が低く抑えられる傾向にあります。 ゲストハウス一覧へ

Image of a typical Japanese Guest House

フラットシェア

キッチン、リビング、シャワー、洗濯機、トイレなど水周り全般、同建物内に住む人たちとシェアすることはゲストハウスと変わりませんが、部屋数が2~6室程度が主流で、共有部分の清掃などは、通常生活において入居者サイドで責任を持つもの、ユーティリティ費用の一部または全部を入居者が利用額に応じてシェアすることなどを目安にしております。ゲストハウスよりも入居者同士の交流が深くなり、ファミリーライクな雰囲気となるケースがある一方、人数が少ない分、自分とは合わない人と同居する場合には、個人によっては辛くなるケースもありえます。オープンマインドであれば、同居人達をゲストハウスよりもさらに深く観察できるので、より共同生活の面白さを体験することができます。家賃値段帯はゲストハウスよりかは若干高めになる傾向にあります。  フラットシェア一覧へ

Image of a typical Japanese Apartment Building

アパート

ゲストハウス運営と同じように、礼金なし(の場合が殆ど)、不動産手数料無し、デポジット(敷金)一ヶ月分未満、保証人不要、一ヶ月単位で入・退室ができる物件を中心に掲載しています。ユーティリティ(光熱費)は入居者持ちの場合が殆どですが、稀にユーティリティの一部または全部も家賃に込みといった物件もあります。基本的な家具類は設置されている(または前入居者が置いていったものをそのまま使える)場合が多く、通常の物件に比べ、入りやすく、出やすいといったゲストハウスの利便性は残しながらも、他人とシェアする必要の無いプライベート空間が持てる物件です。 アパート一覧へ

Image of a typical Japanese Apartment

  • ハウスタイプ 賃料上限: